新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローズ・イン・タイドランド

こんばんは~。



ワタクシ、れっきとした



テリーヲタ



であります。といっても「テリー伊藤」じゃないよ・・・。



で・・・やっとこ観たのが


『ローズ・イン・タイドランド』


DVD出てるの・・・気が付かなかった~(;´Д`)ノ。



えっとね、ストーリーはね・・・紹介する意味があまり無い気がするのよ・・・。


でも・・・とりあえずやってみよ~。



主人公は、10歳の少女・・・ジェライザ・ローズ。


彼女のママが、強いヤクで発作を起こして死んじゃうのさ・・・。


で、死体から逃げるように・・・パパとテキサスの田舎にあるおばあちゃんの家に行く事になるのね。


到着早々パパも・・・ヤクでトリップするつもりが、勢いがよすぎて天国まで行っちゃうのさ~(汗)。


それに気が付かないジェライザは、友達の「人形の首」と一緒に近所を探検するんだね~。


ある時、ディケンズという「発作防止の為、脳を半分切り取られた」男に出会い・・・・・・。






多分、『バンデットQ』以来の低予算映画を手がけた、テリー・ギリアム。



たとえ、予算が1/10に減ろうとも・・・その作風は変わりません。




相変わらず、ブラック・ユーモアのセンスは・・・ギリギリの線だし。


登場人物は、どこかズレてるし・・・。



エグいシーンもなかなか・・・。




特に、ジェライザの友達・・・バービー人形の首、


こいつらが・・・なかなかいい味だしてまして・・・。




この、首だけ人形・・・


本当の友達がいないジェライザにとっては、おそらく「イマジナリー・フレンド」なのでしょう。



子供というのは、想像上の友達を作り出す事が多くあるそうです。



そういえば、僕にも「イマジナリー・フレンド」がいたよな~・・・。






ま、内容については・・・この程度で・・・。



が・・・



映像は、相変わらずのテリーでしたヽ(゚◇゚ )ノ。



一つの画面の情報量が、やたらと多い!!



も~、目がつかれました~。



ローズ・イン・タイドランド/ジョデル・フェルランド
¥3,511
Amazon.co.jp


総合評価 ☆☆☆☆

ファンタジー度 ☆☆☆☆

グロ度 ☆☆☆

ブラック度 ☆☆☆☆



なんかさ~・・・


ギレルモ・デル・トロが、テリーの後継者って言われてるみたいなのよ・・・。


確かに、デル・トロの映像も・・・すんばらすぃ~けど・・・


テリーとは被ってない気がするのは・・・僕だけなのかしらん??

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。