新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電話

今日の午後の事です。



僕が、仕事をしておりますと・・・携帯携帯が鳴りました。


相手は、「大分県家庭裁判所」となっております(ワタシは、何でも登録する癖があるのです)。



なんやろ~今更・・・と思いながら、出てみました。



すると・・・



「アナタの奥さんが、アナタの携帯番号を忘れたので、私共に尋ねてこられました。


番号をお教えしても宜しいでしょうか」



すかさず、僕は答えます。



「そのカミさんの言葉には嘘があります。カミさんは、僕の携帯番号を元から知らないんです。


教えようか、と言っても拒否してましたから」



「え・・・そうなんですか・・・。では、教えない方が宜しいですね」



「いえ、子供たちに何か遭ったのかもしれませんから、教えてもいいです」



で・・・すかさず携帯が鳴ります。


用件はと言うと・・・


「このまま離婚しないんやったら、


婚姻費用の請求をしたいんやけど」







ハア?


この方、4週間前の事をさっぱりと忘れとるんやろか・・・。



「前の調停で、裁判を起こすって言ったら


【受けてたちます】って言ったんは何処の誰や?!」




「え?裁判・・・何の裁判?」



おいおい・・・


もう勘弁してくれ~・°・(ノД`)・°・。


誰か・・・この人に、「考える」って事を教えてやって・・・。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。