新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンシャイン2057

先程の「25の質問」をUP後、


劇場に行ってきました~!


が、父親のクルマが修理中のため・・・僕の「ウチのアレ号」は没収中・・・・°・(ノД`)・°・。


仕方なく、バスで・・・。



『サンシャイン2057』を鑑賞してきました。





2049年、死に掛けた太陽を復活させるためイカロス1は旅立ったが・・・行方不明に。

2057年、太陽の消滅が目前に迫り、地球滅亡まであとわずか・・・。最後の希望はイカロス2に搭乗した8人のクルーたち。太陽に核兵器を打ち込み、太陽の中に太陽を作る究極の任務を負っていた。だが、水星付近まで来たところで突然遭難信号をキャッチする。送信元はイカロス1・・・。協議の末、イカロス1とのランデブーを試みようとするのだが・・・。







前にも書きましたが、

以前にも似たような作品が公開され・・・罵声を浴びました。


一本は『さよならジュピター』(1984)。東宝制作の純日本映画です。

突然現れたブラックホールにより、地球は滅亡の危機に!

残された道は・・・木星を爆破し、ブラックホールの軌道を変えること・・・。


一本は『クライシス2050』(1990)。資金は学研+NHK、原案は日本、制作はアメリカ・・・。

突然始まった太陽フレアの膨張により、地球は滅亡の危機に!

宇宙船ヘリオス号は反物質爆弾を積んで太陽へと向かうが・・・。



・・・



まあ・・・日本人が考えるSFってのはこんなもんか・・・とガッカリしたものですわ~(;´Д`)ノ。



で、今回の『サンシャイン2050』



ワタシ的には

上の駄作2本とは比べ物にならないくらい・・・よく出来てました。



中でも・・・SF考証・・・いや、この場合は科学考証ですな、



実際に起こり得る事態を元に、ストーリーが作られているのがポイント高いです!



さすがにダニー・ボイル・・・腐っても『トレイン・スポッティング』の監督だね~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:。



もちろん・・・

「ジュピター・ゴースト」や、孫を探し回るジジイなどは出てきませんのでご安心を!





イカロス2のデザインも、実際にありうる形なのがイイっす!


何しろ・・・死にかけてるとはいえ、太陽に近づく訳ですから


デッカいシールドが付いてるのさ――!!!






キャスティングもなかなか渋いです・・・。


まずは、船長のカネダ。




真田広之ですね・・・。



で・・・主人公かと思われるキャパ。




キリアン・マーフィーが演じてます。



あ・・・ついでにこの人も・・・





ミシェル・ヨーですな~。



多分、ハリウッドの俳優はギャラが高いので・・・

そこそこ有名なインディ系とアジア系を集めたのではないか、と予想してみたりします。


制作が、FOXサーチライト(20世紀FOXのインディ系映画を扱う会社)だから・・・

制作費は予想で20億円以内ですからね・・・。





総合評価 ☆☆☆☆

SF度 ☆☆☆☆

リアル度 ☆☆☆☆



まあ、『アルマゲドン』や『ディープ・インパクト』みたいな、感動的なラストを望む方にはオススメ出来ません。


あくまで、ダニー・ボイル流なのです。


ただし、彼なりに・・・過去のSFの名作に対するリスペクトを感じます。


だ・か・ら・・・「SF好きは観ろ!」が結論ですかね~゚゚゚゚゚-y(^。^)。o0○

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。