新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地獄の変異・・・こりゃまたすんごいタイトルやね~

なんか・・・久々に映画の記事ですね・・・。



今日は


『地獄の変異』



1970年代のルーマニア。カルパチア山脈奥の修道院跡に男たちが財宝を探しにやってくる。だが、火薬を使った為建物の床が崩れ、彼らは地下に消えてしまった。

30年後、地質研究者のニコライ博士は、カルパチア山脈地下に巨大な水の流れを発見する。詳しい調査の為、精鋭のダイバーチームのメンバーであるジャックらを呼び寄せ探検を試みるが・・・そこには正体不明の生物が潜んでいた・・・。






細菌・・・いや最近『ディセント』って作品を観たんですが・・・内容が



思いっきりカブってます(ノ´▽`)ノ



カブり?

洞窟に入っちゃう・・・これはしょうがないか・・・。


カブり?

洞窟の中には~白骨が転がる~♪・・・いや、クリーチャーがいる!


カブり?

クリーチャーは、元・人間・・・。

『ディセント』は、環境に応じた進化なのに対し・・・『変異』は、細菌(ウィルス?)による環境適応・・・。

しかし・・・そこまで変異するかよ!!



ここまで似てると・・・嫌でも比較しちゃいますよね~。


ただし、『ディセント』が低予算作品(多くて1000万$)なのに対して、『変異』は・・・


公開時期が8月の終わり~+劇場数=2195館って事(movietimes調べ)を考えると


2000~3000万$の予算であると推定されます。


でも・・・どっちが面白かったかと聞かれれば


『ディセント』なんだよな~。






『変異』は、折角の素材の調理方法を間違えてしまった感じですね~。


上手くやれば・・・


『ピッチブラック』みたいな快作に仕上がっていた気がするので・・・勿体無~~い・°・(ノД`)・°・。


地獄の変異/パイパー・ペラーボ
¥3,120
Amazon.co.jp

総合評価 ☆☆★

アクション度 ☆☆☆

ホラー度 ☆☆

原題の「The Cave」って、石器人が出てくる映画みたい~度 ☆☆☆☆☆



しかし・・・

何故に、同じ時期に同じ様な映画が作られるんだろ~ね。

今までにも、

『バグズ・ライフ』&『アンツ』や、『ディープ・インパクト』&『アルマゲドン』

なんてのもあったし・・・。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。