新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゾンビ+サンゲリア=ゾンゲリア・・・(汗)

皆様、お待たせいたしました~。


え・・・誰も待ってない??・・・あ、そ・・・。



今日は、


『ゾンゲリア』 原題:Dead and Buried



アメリカ南部の小さな田舎町、ポッターズ・グラフ。ある夜、車中で全身大火傷を負った男が病院に運び込まれる。一命は取り留めたものの、看護士により殺されてしまう・・・。

翌日、酔った漁師が他殺死体が発見され、保安官のダンは捜査に乗り出す。

ところが、ダンの妻ジャネットの様子がおかしい・・・。大火傷の男と面識がある、との情報が入り・・・調べてみると、ブードゥー教の呪いの本が見つかった。

ポッターズ・グラフの町には、ある大きな秘密があった・・・。






1999年、世界で2番目に人口の多い国の監督がアメリカで撮った作品が話題になりましたが・・・


その際、ネット上で引き合いに出されていたのがこの作品です。


あの監督は、この映画のラストを観て・・・あのどんでん返しを考えたに違いない!


とか・・・。





↑のジャケット写真だけ見ると、グロ系のホラーとしか見えませんが・・・


実は


正統派なサスペンス・ホラーだったりします。



まあ・・・確かにゾンビは出てきたりするんですよ。


でも、ロメロのゾンビとは違い・・・人を食ったりしません。


ブードゥー教のゾンビそのものなのです!



脚本に、『エイリアン』や『バタリアン』のダン・オバノンが絡んでるだけに


ストーリーも凝ってて(あくまで、ホラーとしては)、結構楽しめます。



そして・・・ラストシーン、きっとアナタは


「あ!あの映画は・・・コレのパクリだったのか――!!!」


って叫びたくなるはずです・・・。



ジェネオン エンタテインメント
ゾンゲリア

総合評価 ☆☆☆☆

ホラー度 ☆☆☆

サスペンス度 ☆☆☆☆



まあ・・・

1981年制作の映画ですから、かなり古臭く感じると思います。

でも

ホラーの歴史を語る上では外せない一本ですので・・・


観てない方は観るべし!!

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。