新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
呪い村436

さて・・・



週末にまとめて観た、最後の一本は



『呪い村436』



静かで平和な田舎町「ロックウェル・フォールズ」。

この村を訪れた国勢調査員の男・・・村に着くなりいきなり車がパンクするが、村人に助けられ暫くの間滞在する事に・・・。

ところが、この村は何かがおかしい・・・。

村の記録を調べてみると、人口が100年以上前から436人のまま変動していない。

そして彼は、その秘密を知る事に・・・。




ワタシは・・・福岡市博多区のど真ん中で生まれ、福岡市とその近郊で育った


自称【都会人】であります。


だから・・・


カミさんの実家のような、山の上の暮らしは・・・とても出来ません。



田舎の人ってさ・・・考えが怖いんだよ~(((゜д゜;)))!


テメエが法律なんだも~~ん!!




前置きが長くなりましたが・・・


アメリカ合衆国の田舎も、たいして変わらないですね・・・。


低予算ホラー(高予算も?)の舞台は、必ずと言って良いほど・・・田舎町だし。


『テキサス・チェーンソー』や、こないだ観た『ゾンゲリア』もそうだったな~。



この作品も、そういった部類に入るんでしょうね~。


「珍しい風習」みたいなもんか・・・。




呪い村436
¥3,791
Amazon.co.jp


総合評価 ☆☆☆

ホラー度 ☆☆☆

サスペンス度 ☆☆☆



こんな作品ですが・・・DVDには


「もう一つのエンディング」


が入ってたりします。


個人的には・・・もう一つの方が好きだな~(・∀・)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。