新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンデッド・・・SF・ホラー・ウェスタン?

さてさて


今日は・・・こないだ「パソコンTV GyaO」で観た



『アンデッド』


平穏な田舎町バークレーに、ある日大量の隕石が降り注ぐ。

隕石の直撃により、次々と死んでゆく住人だが・・・死体が「アンデッド」となって甦り、人を襲い始めた。

アンデッドに噛まれた者は、自らもアンデッドなってしまう。

落ちぶれた元ミス・バークレーのレネも必死の逃走を図っていた。彼女は、武器販売店を営む風変わりな男マリオンの店に逃げ込む。店にはアンデッドの手を逃れた警官たちも集まってくる・・・。



これって、なんか・・・賛否の差がすごいっす・・・。



否定派の意見で一番多いのは


「これは、ゾンビ映画じゃない!」


っての・・・。


でもね・・・死人が生き返ったら、コメディだろうがミュージカルだろうが、ゾンビ映画なの!!



次に多いのは


「テンポが悪い!」


テンポの良いゾンビ映画を作るには・・・ゾンビを走らせんと!!



まあ・・・ワタシ的には


往年の「ゾンビもの」に、SF的要素を加え・・・マカロニ・ウェスタンで味付けした【実験的作品】


って事で、評価出来ると思います。


低予算の割には、映像はしっかりしてるし・・・



SFXに関しては・・・


たった3台のパソコンで処理したらしいです。


最近のパソコンってすごいな~( ̄▽ ̄)=3

アンデッド/フェリシティ・メイスン
¥2,499
Amazon.co.jp


監督は・・・


この作品が認められて、ハリウッドにスカウトされたそうです。


でも・・・まだ何も撮ってないみたい・・・。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。