新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お知らせ&『ボラット』

んとね、まずはお知らせから・・・



このブログのタイトル、『映画好きで悪いか!今後は裁判だい!!』なんですが


その裁判に向けて、ボチボチ本気モードに入ろうか~・・・と思ったら



裁判って、大金がかかるのよね~・・・


すっかり忘れておったわい(;´Д`)ノ



って事で、裁判費用を捻出するために



映画観る本数を自粛する事にしました・・・・°・(ノД`)・°・



現在、週に5本くらい紹介してますけど・・・1/2~2/3になると思います。


で・・・今日はその区切りとして




『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』


を観てきました(ホントに本気モードなのか??)。




え~と・・・


カザフスタン国営放送のレポーター、ボラットは・・・国の命令でアメリカにやってくるのよ。

目的はとゆーと、母国の発展のため・・・アメリカ文化を学ぶ事。

到着早々、周りの人に「ロシア式挨拶」をやろうとして、顰蹙を買う始末。


アメリカン・ジョークを習いに行けば・・・身体障害者ジョークはダメ!と言われ

フェミニストの集会を取材すれば、?でもない事を言って相手を怒らせてしまう・・・。


そんなとき、TVで『ベイ・ウォッチ』の再放送を見て





パメラに一目ぼれしてしまう。

でも、出発前に奥さんから


「アンタ、浮気したら○ンコへし折るからね!」


って言われてたのを思い出す・・・・・・んだけど、そこに国から電報が。


「ボラット様

あなたの奥さんと知恵遅れの弟さんが、森でクマに襲われお亡くなりになりました」


ボラットは、悲しみに暮れる・・・なんて事はなく

ホテルマンと「High Five」を決める( ̄▽ ̄)=3


そして、パメラに会うためにカリフォルニアを目指す事に!


でも、相方が


「飛行機は、またユダヤ人が爆弾テロを起こすから(;´Д`)ノ乗りたくない!」


と言い張るので、

しょうがないから、中古のアイスクリーム屋のクルマを買い・・・一路西へ~!


途中、ロデオ大会に参加する事になったボラット・・・

観客の前で




合衆国国家の替え歌を歌い・・・大ブーイングを浴びる・・・。


他にも色々ありすぎて・・・後は自粛・・・。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


これ、夕方18:20の回を見たんですが


観客は・・・4人(ノ_・。)


それも・・・みんな一人で観に来てるよ~・・・って、当たり前かあ~。


僕だって、女の子に


『ボラット』観に行こうか~?って声かけないもんな~

(いや・・・実は、声かけたりして(;´▽`A``)



しかし・・・凄いよな~。


主演の人(名前忘れた)、


よくぞここまでやってくれた


・・・と言うより


アンタ、よく生きてたね~


って言いたくなったも~ん!


まあ、その場で射殺されても文句言えないくらいのシーンが数箇所あります・・・。




それと・・・


下ネタが多すぎ~ヽ(;´Д`)ノ!!


ボラットと相方が、全裸で喧嘩するシーンは・・・正直、直視出来ませんでした(キモくて)。



まあ・・・


差別的な部分が何かと話題になってるみたいですが


こればっかりは、何をやってもなくなる事はないでしょう。


ぶっちゃけた話・・・


自分より劣る相手に対して、内心ほくそ笑む事ですら・・・ワタシ的には差別だと思いますから・・・。





「ユダヤ人追い祭り」をレポートするボラットさん



総合評価 ☆☆☆☆

コメディ度 ☆☆☆

ブラック度 ☆☆☆☆☆

決してカップルでは観ないで下さい!度 ☆☆☆☆☆



って事で・・・

ワタシは、この作品については・・・何の嫌悪感も感じません。

でも・・・人に勧めるのは、ちょっと出来ないかもしんない。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。