新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実験企画、『も一度観てみる』

今回はちょっと違う趣向で・・・。



一度劇場で観た作品を、DVDで見直してみよう~!


それじゃ~当たり前だから、


同程度の評価だった作品を比較してみようじゃないの!!



つまり・・・一度観た映画を2本セレクトして、その評価がどう変化するのか・・・ワタシ自身も見当が付かない、2度目が果たしてあるのかも分からない・・・

要は、時間があるときだけの・・・行き当たりばったり企画です。




今回セレクトした2本は、去年の11月に公開された


『トゥモロー・ワールド』と『デスノート the Last name』です。


当時の総合評価は、共に☆☆☆☆でした。



まずは、『デスノート』から鑑賞・・・






うわあ・・・


DVDで観ると、画面が薄っぺら~~い!


ってか、監督は・・・人を撮る事にだけ集中してて、バックの構図とかまで気が回らなかったみたい・・・。


だから・・・映像が単調になってしまってるみたいっす。


ただ、CG合成があるシーンは・・・その辺の事、考えてるみたい・・・なんだけど


DVDではね~、安っぽいCGは・・・より安っぽく見えちゃうからな~。



んで、記憶に残るのは・・・


藤原君の臭い演技だけ~(;´Д`)ノ。



結論:

2度目の鑑賞に耐えうる作品ではない!

ただ、邦画の殆どに同じ事が言える気がします。


総合評価 (1度目)☆☆☆☆ → ☆☆★




続いて、『トゥモロー・ワールド』





う~む、『デスノート』の直後だけに・・・


画面に奥行きを感じる~!


で、その奥行きを利用した・・・カメラの長回しが生きてきてるなあ~。


CGも意外と使ってないんだよね・・・。



こちらの方が暗くて重い話なんだけど、物語の構成力があるから・・・


ワタシは、主人公やヒロインと同化して・・・危機を乗り越えた気分になれました~。


その辺は、監督の技量の差なんだろうな・・・。



結論:

2度目の鑑賞でも十分楽しめました。

いや・・・この作品は、二度観る必要がある!


総合評価 (1度目)☆☆☆☆ → ☆☆☆☆★




って事で、『デスノート』・・・惨敗しちゃいました・・・ファンの人、スイマセン。



このように、評価ってのは結構変わっていくものなのです。


皆様も、劇場で観た作品・・・もう一度見直してみませんか?


きっと、新たな発見がありますよ~('-^*)/。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。