新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ULTRAMAN・・・

今日のアメブロ・・・午前中から調子悪くって、


読者さんの認証だけで、2時間かかりました(  ゚ ▽ ゚ ;)


で・・・その後、緊急メンテ・・・。


色んな機能を付ける前に、基本をちゃんとせんといかんよ!!


お陰で、出かけるタイミングが狂ったじゃないのさ~ヽ( )`ε´( )ノ。




では、本日は


『ULTRAMAN』(2004年)



初代ウルトラマンの第一話、『ウルトラ作戦第一号』をベースにストーリーを再構築、


21世紀の新しいウルトラマン像を目指した作品・・・みたいですね。



先天性の疾患を持つ幼い息子の為、退官を決意した空自のFー15のパイロット・真木。ラストフライトで謎の赤い発光体と衝突しながら奇跡的に助かった彼は、防衛庁の対バイオテロ特務機関によって身柄を拘束されてしまう。数カ月前、海自の有働が青い発光体と遭遇、コードネーム「ザ・ワン」に姿を変え行方をくらましていた。そこで、「ザ・ワン」を誘き出そうと、真木を利用することを考えたのだ。

彼らの前に出現する「ザ・ワン」。とその時、真木が銀色の巨人「ザ・ネクスト」に姿を変える・・・。






う~~~~~~~~~~~~ん

面白いような、面白くないような・・・。



お子ちゃまが観るには、ストーリーが複雑すぎるし、


初代を知ってる大人が観るには、ガキっぽくて・・・。



多分、『仮面ライダー』の劇場版がそこそこヒットしてるから、松竹としても


「ウチも、初代マンをモチーフにオリジナルを作ろう」


って事になったんだと思うっす・・・。



でも、主人公の真木の再就職先が「星川航空」で、社長が「万条目」って・・・


そりゃ、初代マンじゃなくて『ウルトラQ』でっしゃろが――ヽ(`Д´)ノ!



ウルトラマンの造形も、ゴチャゴチャしすぎで・・・


とても【正義の味方】に見えないぞ~!!


・・・え?


今のウルトラマンって、みんなそうなの??


劇場版ULTRAMAN
¥3,591


総合評価 ☆☆★

アクション度 ☆☆★

大人向け度 ☆☆★

子供向け度 ☆☆★



しかし・・・折角作ったのに、松竹ってこの作品に劇場を


100館程度しか用意しなかったのよね・・・。


それに、宣伝は殆どしてないし・・・


まるで、赤字を出すために作った作品・・・みたいだな。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。