新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本版『リング』をまとめて・・・

え~・・・


忘れてるわけではないんですが・・・映画ブログです!




久し振りに、映画を紹介します。



こないだ、ぱそこんTVGyaOで・・・


『リング』シリーズ、全部やってたので


一気観しちゃいました~!




『リング』(1998年)



1991年に発表された、鈴木光司氏の小説『リング』。

出版と同時に話題となり・・・1995年にはスペシャルドラマ化されました。

そして1998年に制作されたのが、『リング』。


「見ると死ぬ・・・呪われたビデオ」


と言う、いかにも都市伝説にありそうな題材を


今までの和製ホラーにはない斬新な見せ方で、観客を引き込んで行きます。



そして・・・


何もかも終わった・・・と思わせた瞬間


TVモニターから現れる















サダヲ―!!



あれ・・・間違えた・・・



※心臓の弱い方はご注意下さい!























貞子―!!((゚m゚;)


これにはワタシもビビリましたがな~!

リング
¥2,290
Amazon.co.jp




『らせん』(1998年)


鈴木光司氏が1995年に発表した、『リング』の続編。

原作は・・・

静かに、そして着実に進化しながら繁殖していく「呪い」の力が印象的でした。


でもね・・・


映画の方はというと


原作を妙にいじっちゃってて、それが全部改悪なんだよね~。


何故に、ここまで完成された原作をイジるのか・・・


ワタシには、理解不能・・・


らせん
¥970
Amazon.co.jp


評価は


リング:☆☆☆☆


らせん:☆☆


ですね・・・。




まあ、


『リング』の評価に対しては、色々あるかと思います。


でもね・・・


この作品がヒットしたおかげで、


多くの「和製ホラー」が作られるきっかけを作った事は・・・否定出来ない事実でしょう。


ま・・・良作よりも駄作が多いのは・・・仕方ないでしょうね。



あ・・・

残り2本は、また後日・・・。





P.S

明日は、もしかしたら・・・

レイトショーで映画観てくるかも知れません。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。