新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミノタウロス・・・だよね・・・牛じゃ~ん!

え~・・・


月曜なのに、既に寝不足です。


昨日、遅くまでヤプログいじってたから~!!



しかし・・・慣れてないと使い辛いモノですね・・・。




さて映画です。



『ミノタウロス』



遥か昔、牡牛を神として崇めているミノス王国の王は、自らの手で神を作ろうと考えた。

そして、王妃と牡牛を交配させ・・・ミノタウロスを誕生させる。

だが、成長するにつれ・・・凶暴さを増すミノタウロスを、宮殿の地下迷宮に閉じ込めてしまう。


ミノス王国の属領であるテナでは、3年に一度・・・8人の生贄を出す事になっている。

村長の長男テオは、森に住む老婆から・・・3年前に生贄に連れ去られた恋人のフィオンがまだ生きている、と聞かされる。

テオはフィオンを救うべく、自らミノスへ赴く・・・ミノタウロスの息の根を止めるために・・・。




んとね・・・


ミノタウロスってさ、人間の体に牛の頭・・・ってイメージでしょ??



例えば・・・




こんな感じ・・・



だけどね、この映画のミノタウロスってさ・・・


















↑コレが痩せこけて・・・ゾンビになったみたいなの・・・!






ハア?( °д°)


ミノタウロスなのに・・・四足歩行・・・ですかい・・・。




まあ・・・


ストーリーの基礎部分はよく出来ているんだけど、


何を勘違いしたのか、B級ホラーに仕上げてまして・・・


なんだかチグハグ~!


な印象の作品でございました。






¥3,990
Amazon.co.jp


総合評価 ☆☆☆

ホラー度 ☆☆☆

粋なモンスター!度 ☆☆




まあ・・・


ホラー映画として見れば・・・まあまあ面白いかな~。


でもね・・・観ながらオイラってばさ、


『ホワイト・バッファロー』って古い映画を思い出しっちゃったよ~!

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。