新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28週後・・・

え~・・・



久し振りに、映画の記事っす。




『28週後・・・』



感染すると凶暴になる新種ウイルス「レイジ」が猛威をふるったイギリス。

ウイルス感染発生から5週後に最後の感染者が死亡。

ようやく再建が始まった28週後のロンドンに、スペイン旅行中で難を逃れたタミーとアンディの姉弟も無事帰国し、軍の厳重な監視下に置かれている第1街区で父親ドンと感動の再会を果たす。

だがそこには、母アリスの姿はなかった。

ドンは、アリスが感染者に襲われて死んだ、と話す・・・。






誰もが終わったと思っていた・・・。




いやあ・・・


コレは是非とも劇場でクリアしておこう、って思い


先週、重い体を引きずって観に行ってきました。



で、


hiropooさんが・・・かなり怖い!


って言われてたので


いつもよりも少し後ろの席に座りました・・・(汗)。






う~ん・・・


コレは、一般の方が観れば


かなりショッキングな内容でしょうね~。



でも、オイラにとってホラー=コメディみたいなもの


ついでに、凹みモード全開中だったので


それほど怖くは感じなかったっす。



しかし・・・


レイジの感染者って


元身内を執拗に追いかける性質があるんでしょうかねえ・・・。


冒頭の子供もそうだし、ドンも同じく・・・。


子を持つ親としては、そこが一番怖いかも~!(((゜д゜;)))



内容的には・・・


ワタシ的には十分合格点を付けられます。


特に・・・


あの俊敏な感染者の動き&残虐性


決して会いたくない相手ですね・・・。






総合評価 ☆☆☆☆

ホラー度 ☆☆☆☆

グロ度 ☆☆☆★

ショッキング度 ☆☆☆☆




で・・・


コレはきっと、続編を作るつもりなんだろうなあ。


今度は、何らかの形で「レイジ」をアメリカ大陸に持ち込んで・・・

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。