新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
L change the World

え~・・・


昨日なんですが、気分転換に



どうしようもなく馬鹿な映画


を見よう!



と思って


選んだのは・・・



『L change the WorLd』



でした。






え~と、


?でもない内容なので、


ネタバレを隠していません!





オープニングからブッ飛ばしてます。


FBIの南空ナオミが、Lの指示どおりに連続殺人犯(だったっけ?)のアジトに突入!

Lの予想よりも12秒速く事件を解決する。


お~い、アンタは・・・

デスノートを使っとりゃせんか~!?

そこまで予測するのはどう考えても不可能じゃろ――!?


で、このシーンは・・・

『デスノート』を知らない人には何の事だかさっぱり・・・



120日後、

タイの田舎にある村が・・・謎のウィルスによって壊滅寸前に!

村は何者かの爆弾によって焼却されてしまう。


お~い、

いきなり『アウトブレイク』のパクリですか――!?



ところが、その危機を脱した男が二人・・・

Lの仲間であるFと、村の天才少年だ!


あのお・・・この時点で

この少年の正体、分かっちゃったんですけど~!



Fは、自分の命と引き換えに天才少年を逃亡させる。

少年は、ワタリ亡き後のLに身柄を保護される事に・・・。


アジア感染症センターの二階堂所長は、このウィルスについて調査していた。

ウィルスは、インフルエンザとエボラを掛け合わせた新種で、エボラより数百倍危険な代物だ!

だけど・・・所長は、あっちゅー間にワクチンを作っちゃう!


早っ!!



ウィルスを作ったのは、アジア感染症センターの職員で、環境保護団体「ブルーシップ」のメンバー、

ついでにLの仲間でもあるKだった!


肩書き多すぎ!!



ブルーシップは、環境破壊の原因が増えすぎた人にあるとして

ウィルスによって世界の人口を減らそうとしたのだ!!


あーそーですか・・・(この時点でワタシはもう投げやり・・・)


って事は、タイにウィルスを蒔いたのも、ヘリのミサイルでFを殺したのもこいつ等の仲間?

それにしちゃ、日本支部はセコいなあ・・・


メンバー、5人しかいないんだも~ん!!



ブルーシップのメンバーは、ワクチンを手に入れるために感染症センターにやってくる。

そして・・・たった一人の警備員を殺す・・・。


お~い・・・

危険なウィルスを扱ってる感染症センターを一人で警備させるなよ―!!



二階堂所長は、世界を守るためにワクチンを焼却し・・・自ら死を選ぶ。

ウィルスはワクチンとセットでないとばら撒かれないからだ!!


それって・・・諸刃の剣的解釈じゃねーか!!



所長は、培養したウィルスを娘のマキに密かに渡していた。

マキは、Lに匿われる事に・・・。

しかし、所長の暗号を解いたKは・・・マキがLのところに居る事を知る!


この暗号ってのが単純でね・・・A=1、Z=26って奴なのよ。

基本中の基本だろ!?



ブルーシップは、Lのアジトにやってくる。

父の復讐を果たしたいマキは、ウィルスを自分の体に注射する!

感染に怯んだブルーシップに、Lの素晴らしい攻撃が決まる!

逃げようとしたところに、一人の男が現れる・・・南原清隆だ!

そして彼は言う・・・


「俺はFBIだ!」


・・・

あのさ・・・FBIって


何時から日本人だらけになったの??




南原とL達は、脱出用の車両である【クレープ屋さんのクルマ】で逃走する。

ウィルスを打ったマキだが、何故か症状が現れない・・・。

後で判明するのだが、ウィルスは糖分をエネルギーとして活動するのだが、

マキは低血糖症だったのだ!!


あのお・・・いくら低血糖だと言っても、

数秒で発病するのをそんなに長引かせる訳ないじゃない!!

この脚本家は・・・


馬鹿だ――!!




はあはあ、疲れた・・・


もうやめたい・・・


でも・・・後一つ、最高(サイテー)の馬鹿シーンだけ・・・



Lは、少年とマキを、二階堂所長の研究仲間の所に連れて行く。

ウィルスに対するワクチンを作るためだ。

しかし、ワクチンの開発は難航する・・・。


おお~~~~い!

アンタ等の目の前にいる少年、

タイで唯一ウィルスに感染してなかったのを忘れとるじゃないか~!

それでも天才か・・・


この










ヴォケがぁ―――!!ヽ(`Д´)ノ






総合評価 ☆

サスペンス度 ☆

謎解き度 ★

サイテー度 ☆☆☆☆☆

スピンオフ度 ☆×20



いやあ・・・


ヤマ無し、オチバレ、意味不明


の、3拍子揃った超サイテー映画っす!!


しかし・・・


この脚本にGOサインを出したプロデューサーが一番馬鹿なんだろうな・・・。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。