新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こわい童謡 表の章

え~・・・



雪が降っておりまする。



明日は、積もるかもね・・・。




さて・・・久し振りに、DVDで観た映画のレビューを!



『こわい童謡 表の章』



聖蘭女学院の合唱部員の彩音は、時折聞こえる奇妙な「童謡の幻聴」に悩まされていた。

そんな時、寮のルームメイトで同じ合唱部員の奈々香が突然手首を切り始めて失踪。

その後、校舎の屋上から飛び降り自殺した。

さらに部長の未紀も失踪し、トイレで首を吊った姿で発見された・・・。

次々と合唱部内で変死や失踪が起こる。

彩音は、全ての原因は「童謡に秘められた言魂」であることに気付く・・・。






なんとな~く、


怖そうだったのでレンタルしてみました。



が・・・


結果は・・・撃沈っす!



まあ・・・脚本が


民俗学者の長野隆之氏の監修で書かれてるみたいなので、しょうがないか。



ほら、アレですよ・・・


「童謡の根源は、恐ろしい現実だった!」


みたいな事書いた本、見た事ありませんか??



あの内容ってさ、


あくまでも仮説なんだけどねえ・・・。



百歩譲って、そんな現実があり、コトダマってのもあるとしよう。


でもさ、そしたら


和歌や短歌も同様の力を持つんじゃないの??


何故に童謡だけ??





話があさっての方向に飛んじゃいましたが・・・


内容の方も酷いもんです。


「表の章」なんて書いてあるから、謎解きは「裏の章」にまわすんだろ~な~


って思ってたんだけど・・・


これは




中途半端すぎ!!



それに・・・


なんとなく、オチが読めるし~!



こわい童謡 表の章 デラックス版
¥3,471
Amazon.co.jp


総合評価 ☆★

ホラー度 ☆☆★

こじつけ度 ☆☆☆☆☆



実はワタクシ、遠い昔に


童謡「かごめかごめ」の歌詞をヒントにした短編小説を書いた事があります。


それも・・・ホラーじゃなくて・・・SFだったりして(汗)。


でも・・・


オチが、あまりにも御都合主義なので・・・封印されたままっす。


あ・・・


リクエストがあっても、ここで発表はしませ~ん!


酷い出来なので・・・

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。