新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素粒子

え~・・・


先程の記事の通り、オイル&タイヤを交換しました。



走りが・・・


全く違いまする!!


エンジンは滑らかに加速するし、タイヤは確実に地面を掴んでる!



当たり前の事かもしれないけど


消耗品の定期交換、命に関わりますよ~!!




んじゃ映画ね・・・。



『素粒子』



台は20世紀末のドイツ。

かつて自由奔放な母親に養育放棄された異父兄弟・・・

国語教師の兄・ブルーノは、国語教師でありながら満たされない愛の欲求を強烈な性的欲望にすりかえ、ヒッピー達が集うキャンプ場や風俗クラブへ出向く。

一方、天才的な研究者として静かな生活を送る弟・ミヒャエルは、クローン技術を応用した人類の進化を模索する。





愛は結びつける。永遠に結びつける・・・



タイトルの『素粒子』ってのはね、


原子核よりも小さい物質の単位の事。



ヨーロッパでベストセラーとなった問題小説の映画化


らしいんだけど、ワタシは全く知りませんでした。





う~~む・・・


一見、コメディかと思う内容なんだけど


その奥底に存在するテーマは、ものすごく重いものでした。



何と言うか・・・主人公の兄弟って二人とも


恋愛感情を否定する方向に進んでいるんだけれど


最終的には・・・それを否定出来ない状況に陥ってしまう


・・・ってのかなあ。



ああ・・・


説明が難しいぞ――!!






とりあえず・・・


興味があったら、観ろ~~!!


って事ですね・・・。



あ・・・


エロ目的で観ると


最後は後悔するかもよ!



オイラは見終わった後・・・


ものすごく切ない気持ちになったよぉ~!



モーリッツ・ブライブトロイ/素粒子
¥3,990


総合評価 ☆☆☆☆



えっとね・・・評価は

観た人でかなり分かれると思うので、アテにしないでね!



最後に・・・『素粒子』ってタイトルだけど


ラストシーンで、その意味がなんとな~く分かる・・・かなあ?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。