新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィッカーマン(リメイク版)

え~・・・


暇っす。



時間とお金って、何で反比例するんだろうなぁ・・・。




今日は久し振りに映画を。



『ウィッカーマン(リメイク版)』



白バイ警官メイラスは、車の事故に遭った母娘を助けられなかった事で、精神的なダメージを負っていた。

そんな彼に、数年前に失踪した婚約者ウィローから手紙が届く。娘のローワンが行方不明になったので助けてほしいという。今でもウィローを想うメイラスは、ワシントン州のサマーズアイル島へと向かった・・・。






オリジナルは、


1973年にイギリスで制作されたカルト映画っす。


日本では、1998年にようやく公開されました。


当然、ワタシも観ておりまする・・・。



で、このリメイクですが


2006年に制作され、その年のラジー賞の5部門にノミネートされました(汗)。






まあねえ・・・


オリジナルと比べると、かなり見劣りしますね。



脚本も・・・大分改悪されてるし・・・。




オリジナルの主人公って、


宗教上の理由から















童貞


だったのよね。


それが、最後にキーになったりするのが面白かったんだけど・・・



でも・・・


ニコラスのおぢちゃんは、童貞の役はやりたくなかったんだろうな・・・( ´艸`)。


だから、


話の一番重要なポイントが・・・ダメダメなんだよ~!




あ、それから


話の序盤で異様な死に方をする母娘・・・


後の伏線かな~って思ったんだけど


ニコちゃんの幻覚に登場する程度だった・・・ヽ(;´ω`)ノ。



ついでに


リリー・ソビエスキーが出てたんだけど


彼女も、何の為に出てるんだか・・・(*´Д`)=з




ウィッカーマン
¥3,162
Amazon.co.jp

総合評価 ☆★

サスペンス度 ☆☆

ウダウダグダグダ度 ☆☆☆☆☆



まあねえ・・・


リメイクする際の反面教師


としては価値があるかな。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。