新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大統領暗殺

え~・・・


先程、博多→天神を歩いてきました。



今日と明日は


【博多どんたく 港祭り】


なので、普段の5倍以上の人出・・・。



人混みが苦手なワタシには・・・地獄でございましたわい・・・。




さて、映画っすね。



『大統領暗殺』



2007年10月19日、ジョージ・ブッシュ大統領が演説のためシカゴに降り立った。

イラク戦争への抗議団体で溢れかえる沿道でのデモ隊と警官隊の衝突を横目で見ながら、大統領を乗せたリムジンはホテルに到着。

演説を無事終え、車に乗り込む瞬間、2発の銃弾がブッシュを襲った!

大統領は病院へ運ばれ、メディアは一斉に臨時ニュースを放映する。そして、手術の甲斐なく大統領は死去、すぐにFBIは犯人を捜し始める・・・。






その時、世界は試される



当初、『ブッシュ暗殺』と言う邦題で公開する予定だったのが、


映倫を通過しなかった為に『大統領暗殺』と改名され、結構話題になりましたね。


他の国では・・・


内容が内容のため、公開を見送ったところも多かったようです。






この作品、


『擬似ドキュメント』の形を取っています。


だから、フィクションって感じがしないんだよね!


解ってはいるんだけど・・・


終盤には、完全に洗脳されちゃってたオイラさ~!



しかし・・・


今のアメリカ合衆国の置かれた状況なら、


ブッシュが暗殺されてもおかしくないからな・・・。


これだけ国民から毛嫌いされる大統領も珍しいよね。



んで・・・


暗殺後の警察やFBIの行動も・・・


やけにリアルなんだよ~!



確かにあの国なら、こんな事をするだろうな


って、シミュレーションにもなってるのが面白いっす。


ジョージ・W・ブッシュ/大統領暗殺 デラックス版
¥3,990


総合評価 ☆☆☆☆

リアル度 ☆☆☆☆




まあ・・・


ドキュメントが好きな方は、是非とも見て欲しいっすね!


駄目な方は・・・


見なかった事にするのが正解かもしんない。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。