新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミスト・・・『ファニーゲーム』以来の・・・

え~・・・


昨日の記事に書き忘れていた事が・・・。



伊万里の安ホテルには・・・


ブロードバンドが無い!!



つまり・・・ブログが出来ないじゃないのさ!!



え、携帯でやれって?



無理~!



こんな内容だけど、携帯だと2時間はかかっちゃうよ・・・。





んじゃ、映画ね。


『ミスト』




俺の名はデヴィッド。田舎で映画のポスターを描いて暮らしている。

ある夜、大嵐がやってきて家の周りがメチャメチャになってしまった。翌日俺は、息子と隣の弁護士と共に市街地に買い物に出かける事にした。

途中、沢山の軍の車両とすれ違った。基地でも嵐の被害があったんだろう・・・。

街のスーパーに着いた途端、店は深い霧に覆われてしまった。

直後、一人の男が店に逃げ込んできた。頭から血を流している・・・。

彼は言う・・・「霧の中に何かがいる」と・・・。






霧の中には何が待っていたのか――


映画史上かつてない、震撼のラスト15分




本日より公開のこの作品、


初回上映で観て来ました~~!ヾ(@^▽^@)ノ


だって、この原作の映画化・・・20年も待ってたんだも~ん!





えっと・・・


「震撼のラスト」を除き、ほぼ原作通りの展開です。



そうだろうなあ・・・


キング原作の「霧」と言う中編小説、


かなりの傑作だからねえ・・・。



だから・・・


読んだ当時に、脳内で作り出した映像と


イメージがピッタリなんだ――!(o^-')b




原作者がアレなので(笑)


スーパーに取り残された人々は


互いに協力して敵を倒す


な~んて事はしません・・・。



不安と絶望から


狂信者の意見に耳を傾け・・・


最終的には、生贄を捧げるまでに・・・!



つまり、本当に怖いのは・・・


霧の中に潜む「何か」ではなく


追い詰められた人間


だって事・・・(゚Ω゚;)。






さて・・・


原作では、明確な結末描写が無かったんですが


映画では、その部分をハッキリと描いています。



ネタバレになりますから、これ以上は書けませんが・・・


ワタシにとって、


『ファニーゲーム』以来の


後味の悪―い


作品となってしまいました。




『バタフライ・エフェクト』風に言い換えれば・・・



世界一悲惨なハッピーエンド



かなあ・・・。






総合評価 ☆☆☆☆

ホラー度 ☆☆☆★

パニック度 ☆☆☆☆★

震撼のラスト!度 ☆☆☆☆☆




ぶっちゃけた話・・・


どんな結末を用意してるのか、色々想像してたんですが


珍しく、全部ハズれてしまいました・・・それは思いつかなかった・・・。



ただし・・・この結末・・・


賛否両論分かれるでしょうね・・・って分かれてるんだよね。


で、


トラウマになる人も出るかもしれない・・・。



でも、映画の完成度は決して悪くはありません。



観るべきかどうか、


判断するのは、貴方です!

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。