新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ターボチャージャーとは?

え~・・・



前々から予告していたこの記事・・・


ようやく陽の目を見る事になりました~!


書き直す事5回・・・結局、単純な内容に成り下がりましたが、


一応公開致します。



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●



え~・・・


クルマの雑誌やカタログに、よく


ターボ


と言うモノが載ってますが・・・


最近は、コレが何なのか知らない方が増えてるみたい・・・。




クルマの馬力やトルクってのは、基本は【排気量】で決まります。


つまり、排気量が1.5リッターのエンジンよりも2.0リッターの方が力がある、って事。


それじゃ、1.5リッターのエンジンで2リッター並のスペックを得るにはどうしたらいい?


そんな時にターボチャージャーを使えば、簡単に出来ちゃう訳です。



直列4気筒の1.5リッターだと、


一つのシリンダー当たり375ccの空気を取り込んで爆発させています。


ここに、+125cc、


つまり500ccの空気を送り込む事が出来れば、2リッターエンジンと同等のスペックが得られる訳です。


それを実現させるのが・・・





ターボですね!



原理は・・・


エンジンの排気圧を利用してタービンを回転させ、遠心式圧縮機(コンプレッサー)を駆動


それにより、圧縮空気をシリンダー内に送るんです。




ターボエンジンの長所は・・・


? 小排気量のエンジンでも、大きなパワーを得られる。


   軽自動車のようなエンジンには、ピッタリですね~!


? 排出されるエネルギーで駆動させるため、熱効率に優れる。


捨てるものを再利用するんだから、まさにリサイクル!




逆に、短所は・・・


? 排気圧を利用する構造上、アクセルの操作に対しタイムタグが発生する。


   俗に言う【ターボラグ】です。

   最近ではラグを最低限に抑える工夫が見られますが、完全に解消する事は不可能ですね・・・。


? 異常燃焼を抑えるため、圧縮比が低い。

   そのため、ターボが効かない状態では、自然吸気エンジンよりも非力となる。


爆発力を上げる事により発生する【ノッキング】を解消するため、これは仕方が無いんでしょうね・・・。




まあ・・・最近のエンジンってのは


高出力よりも高燃費を優先してますから、


最近のターボエンジンは・・・


ライト・プレッシャー・ターボ


が一般的ですね。



また、フォルクスワーゲンの様に


低回転域では、スーパーチャージャー


高回転域では、ターボチャージャー


と、二つのコンプレッサーを使い分けて、出力と燃費を両立させるクルマも登場しています。



しかしまあ・・・ターボと言えば、やっぱり


ディーゼルエンジン


でしょう!


ディーゼルの場合、その構造上、異常燃焼の問題が皆無ですから


ターボとの相性はガソリン車以上なんですよ~。



これからのターボは・・・


クリーン・ディーゼルエンジンと共に、新たな方向へと発展していく事でしょう・・・。




ざっと解り易く解説したつもりですが・・・


知らなかったアナタ・・・理解出来ましたでしょうか??

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。