新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きげんぜんいちまんねん

え~・・・


実は昨日


こっそり映画を観に行ってました。



それも


また・・・駄目っぽい作品をわざわざ(汗)




『紀元前1万年』



紀元前1万年の世界。

狩猟部族のデレーは、マンモス狩りの際に一人で捕獲に成功し、若きリーダーへと選ばれた。

そして、幼い頃から想いを寄せていた謎の美少女エバレットもついに射止める。

そんなある時、彼の村が正体不明の集団による急襲に遭い、多くの村人に加えてエバレットまでもさらわれてしまう。

デレーは仲間を助けるため、元リーダーのティクティク、ライバルのカレンと共に旅立つのだった・・・。






誰も見た事のない世界は、過去にあった。



ああ、そうでつか。



『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒが


今度は【先史時代】を描く!!



そう聞いて・・・


「おお!それは絶対に観ないとー!」


って思う人は、どのくらい存在するんでしょうか?(笑)



少数派だと思うんだけどねえ・・・。





これってさ・・・


『恐竜100万年』みたいに、人と恐竜が同じ時代に生きてる!みたいな映画と


【歴史的な間違い】の点から言えば、あまり変わんないっす~!!



一番酷いと思ったのは・・・


10,000BCに




ピラミッド作ってる事――!(  ゚ ▽ ゚ ;)



それも・・・



砂漠に――!!((゚m゚;)



ちなみに、現在エジプトで見られるピラミッドは砂漠に建ってるけど


建てた当時は、あそこは草原だったんだ――!!



わざわざ砂漠に建てるなんて・・・



単なる馬鹿だ――!!






でもぉ・・・


CGのマンモス


に関しては、すごかったっす~!



コレ観るだけでも


500円分の価値くらいはありそう・・・な気がする(笑)。




それ以外はもう・・・


ツッコミどころ満載の作品でございましたわい・・・。






総合評価 ☆☆

アクション度 ☆☆☆

マンモス度 ☆☆☆☆☆

歴史的勘違い度 ☆☆☆☆☆




しかしさあ・・・


こんなアフォな作品が世に出ると、


トンデモ論者さんたちが大喜びするんだよね・・・。


出来る事なら


『はじめ人間ギャートルズ』的なコメディに仕上げて欲しいんだなあ・・・。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。