新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『おっぱいバレー』・・・本編ヽ(゚◇゚ )ノ





1979年。

北九州市立戸畑第三中学に転任した寺嶋美香子。

赴任早々、教頭から男子バレー部の顧問を任されるのだが・・・

5人の部員は、バレーをやった事すらなく、周りから【馬鹿部】と呼ばれる始末。

彼等にやる気を出させようとするが、何故だか

【試合に勝ったらおっぱいを見せる】

という約束をしてしまう・・・。

絶対無理と思いながらも、別人のようにやる気を見せ始めた5人。

そして新入部員の城を加えた6人は、日々の練習を通じて次第に信頼関係を築いて行く。

でも・・・

試合には勝ってほしい・・・だけど、おっぱいは見せたくない。

そんな心の葛藤に悩まされる美香子・・・。

果たしてバレー部は、勝利のおっぱいに酔うのか?それとも・・・








いやあ・・・


1979年の中学校が舞台、って事で


その時代に・・・まさに中学生だったオイラは


完全にターゲットですなあ・・・



とか何とか思いながらも


【おっぱい】に釣られて観てしまったわい・・・。







まあ・・・


基本的には



お馬鹿映画



なのですよ。




だけど・・・


なんだろ・・・


こんなお馬鹿なのに


見終わって





なんで

こんなに泣けるんだ―!o(;△;)o




それは・・・多分


オイラが


その時代を同学年で生きてたからかなあ・・・。



いや・・・


そもそもオイラは


この手の作品が好きなのだ―っ!





映画の最初の方で、


美香子先生が



「私、高村光太郎の【道程】が大好きなんです」


って言葉に




「おお~

ドーテーが好きなのかあハート


って・・・



昔、オイラも


全く同じ事を考えたよー♪



だけど・・・


鼻血は出なかった~!






そんな感じで始まるんだけど・・・



クライマックスは


爽やか青春もの


に早変わり~♪




試合のバックに


永井龍雲の



『道標ない旅』



が流れたりしてさ・・・



オイラ、この曲大好きだったから


涙腺がユルユルになってしまったよ~!









総合評価 ☆☆☆☆

おっぱい度 ☆☆

道程度 ☆☆☆☆

ノスタルジィ度 ☆☆☆☆☆




あ・・・


方言が全然出てこない件


に関しては


オイラはあまり気にならなかった~!



多分


TV版『男どアホウ甲子園』


と同じ理由だと思うから♪






それじゃ・・・最後に


皆さんご一緒に・・・

この人とご唱和ください♪












ナイスおっぱい♪



www





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

面白いと思ったら、クリックしてね♪




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。