新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JOHN RAMBO ~ It's a long road

え~・・・


日頃の睡眠不足を


今日一日で解消してしまったオイラっす・・・。




いやあ・・・


久々の爆睡でしたわ~♪



んじゃ、お約束通り・・・昨日観た映画のレビューを・・・。





『ランボー 最後の戦場』



俺の名はジョン・ランボー。

ベトナム戦争の頃はグリーンベレーに所属し、数々の修羅場をくぐってきた。

だが今は・・・タイでヘビを獲り、物資を運びながらひっそりと暮らしている・・・。

そんなある日、キリスト教支援団体がやってきた。

ミャンマー軍事政権がキリスト派のカレン族を迫害しているため、その支援に向かいたいらしい。

丸腰のまま危険地帯に乗り込むなんて・・・馬鹿げた話だ。俺は当然断った。

だが、支援団の女性サラの言葉に心を動かされ、渋々だが仕事を請ける事に・・・。






ムダに生きるか  何かのために死ぬか


お前が決めろ。




いやあ・・・


20年振りの『ランボー』の新作っすよ~!



思えば、1982年・・・


当時高校生だったワタシは、


第一作目の『First Blood』、劇場で観てます。



しかし・・・16歳の少年に、あの話が理解出来るはずは無く


評価は散々でした。



でも、それから数年後、ビデオで見直した時


物語の核心を理解してからは、評価は急上昇でございました・・・。







んで・・・今回の『最後の戦場』ですが・・・



何故に【R-15指定】なんじゃろ?


って思ってました。


中学生くらいって、この手のアクション映画の一番のお客さん


ってイメージだからねえ・・・。



でも、観終わって解ったよ・・・。



戦場が、あまりにも



リアル過ぎる――!(゚Ω゚;)






でもさ・・・


軍事政権下の国なら


このレベルの事くらい、実際に起こってて間違いないよなあ。



それを・・・


商業映画としては結構辛い【R-15】をものともせず


公開に踏み切ったスタローンさん。



この事は、評価に値すべきだと思いますなあ。






総合評価 ☆☆☆☆

アクション度 ☆☆☆☆★

残虐度 ☆☆☆☆☆




何と言うか・・・


軽い気持ちで観る作品ではありません。


そこら辺のホラー映画よりもグロい描写が


至る所で登場しますから~!!



でも、それが・・・


現実の戦場なんだよ・・・。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。