新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャバーウォッキー~ギリアムの方ね

え~・・・


給料日前の日曜日・・・


皆様、如何お過ごしですか?



ワタクシは、昨日の夜から


モンティ・パイソンに浸っております・・・。



いやあ・・・いいなあ・・・。


『空飛ぶモンティ・パイソン』、吹き替え版が真面目に欲しい~!!




そんな訳で、今日は・・・


前記事の予告通り



『ジャバーウォッキー』



時は中世。

ブルーノ国に突如現れたジャバーウォッキーと言う怪物が村人を襲い、人々は城下町になだれ込んでいた。

頭を悩ませた国王は、怪物を退治する騎士を選ぶべくトーナメントを開催する。

その頃、樽職人の父に・・・死の間際に勘当されたデニス・クーパーは、職を探しに城下町にやってくる。

デニスは・・・転げ落ちた芋を追いかけるうちに、あれよあれよと言う間に(笑)白騎士の世話人になってしまう。

そして、怪物退治のお供をするハメになってしまう・・・。






『未来世紀ブラジル』、『バンデットQ』のテリー・ギリアムが


1977年に、単独で初監督した作品です。



この映画の製作費は、約50万$・・・(  ゚ ▽ ゚ ;)。



それもこれも・・・


セットや衣装は、前作の『ホーリーグレイル』から流用し


キャストも仲間内から使う、といった努力の賜物ですなあ・・・。






いや~・・・


第一回監督作品、とは言っても・・・


見紛う事無き、テリー・ギリアム印の映画っすね!!



画面いっぱいに溢れる情報量は・・・


いくら低予算だといっても、全然見劣りしないよお~!





んで・・・


なぜだか沢山登場する・・・


尻!


それも・・・男ばかり・・・(汗)



ギリアムよ・・・


アンタもしかしてゲイ?


いや・・・グレアムがゲイなのは知ってたけどさあ・・・。






まあ・・・


お子様向けのファンタジーに飽きた方には


オススメの一本ですね!



ただし・・・


レンタル出来るかどうかは疑問だけどなあ・・・。






総合評価 ☆☆☆★

ファンタジー度 ☆☆☆☆

パイソン度 ☆☆☆☆☆




まあ・・・


いまから30年以上前の作品ですから


怪物がチャチくても我慢してくだされ~!


アレでも・・・結構努力して作ってるんですから・・・。






そう言えば・・・


ヤン・シュヴァンクマイエルも


同名の映画を撮ってるよね・・・。


ヤン・シュヴァンクマイエル 「ジャバウォッキー」その他の短編
¥3,591


コレも、機会があれば見ておかないとなあ・・・。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。