新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GOEMON

え~・・・



今日は


『グラン・トリノ』にしようか


『GOEMON』にしようか・・・迷ったんだけど



上映時間の都合で




『GOEMON』にしたよ♪





16世紀、日本。豊臣秀吉が天下を統一した時代。

庶民の味方、天下の大泥棒、石川五右衛門は、紀伊国屋文左衛門の屋敷に忍び込み、まんまと金銀財宝を盗み出す。

ところが・・・中身がからっぽだからと捨てた南蛮製の箱を、石田光成が血眼になって探している事を知り、取り戻すために町に戻る。

だが、そこにはかつての盟友、霧隠才蔵が待ち構えていた・・・。







愛する者のために。




えーと、


『きゃしゃーん』で、ある意味壮絶な監督デビューを飾った紀里谷和明が



製作日数3年


セット数100


CGカット数2000


エキストラ1000人


総スタッフ数300人


をかけて作った超大作・・・なんだって。




キリヤだけに


エラく・・・キリのいい数字ばっかり♪








今回は・・・


オフィシャルブックを買わないと、話が全然理解不能


な・・・きゃしゃーんとは違って



単純明快なんだね♪





でも・・・


後半からは、悪い癖が出たのか


妙に説教臭くなる・・・。





ついでに、昔の三流邦画のように


話がダラダラと続く・・・。





・・・

そこまで親切に映像にしなくっても


客は理解出来るってば――!








んで、CGなんだけど・・・



結構頑張って作ってるんだけど




まだまだ要素不足なんだー!!



だから・・・



オイラには、平面的にしか見えないんだー!




これは、恐らくは


制作費の絡みだと思うので


仕方ないんだろうね・・・。



キリヤの脳内を完全に映像化するには


ハリウッドに行くしか手がないのかもしんない。







んで・・・設定なんだけど、



ここまで破天荒にやるんなら、最初から




パラレルワールド とか


我々とは違う歴史の世界 とか


思い切って 未来♪



とかにすれば良かったんじゃないかな~。







だって


16世紀にガトリング砲


出しちゃってるんだもん。



※ガトリング砲は、南北戦争時にガトリング氏が発明したものです





そこまでやるなら・・・






逆間接二足歩行の


お城ロボ


とかも出して欲しかったね~♪











総合評価 ☆☆☆

アクション度 ☆☆☆

破天荒度 ☆☆☆★

邦画の限界度 ☆☆☆☆☆





まあ・・・


『きゃしゃーん』から比べたら、格段に進歩してるね♪



後は・・・


VFXを安くリアルに作る技術の構築と


脚本を人に任せる道を覚えれば


もっと良くなると思うよ~♪











にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


何か分からんけど、説得力があるな~

って思ったら・・・クリックしてちょーだい♪




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。