新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラックサイト

え~・・・


普段からなんだけど


今日の寝起きは・・・得に悪かったっす~!



考えてみたら・・・


先月11日に突発で休んで以来


平均4.5時間睡眠が続いてたんだった・・・。



ん~・・・


ちとヤバいよなあ・・・。




さて、映画っす。




『ブラックサイト』



FBI特別捜査官ジェニファー・マーシュは、ネット犯罪を専門としている。

ある日彼女は、【killwithme.com】という殺しを生で配信するサイトの情報を得た。

それは、身動きのとれない猫が衰弱していくさまを中継したもので、しかもロシアのサーバを経由し、IPを削除してもすぐに復活する・・・巧みなサイトだった。

そして今度は、縛り付けられ胸を傷つけられたミラーという男が映し出される。しかも、アクセス数が増えるごとに血液凝固剤の投与量も増やされる仕掛けがなされていた。

ジェニファーらの捜査も虚しく、ミラーは命を落としてしまう・・・。

これは、無差別殺人なのか、それとも・・・。






捜査官を追い詰める、66億の好奇心。




今、問題になっている


ネット犯罪


をテーマにした作品です。



オイラてっきり


『レベル13』のハリウッドリメイク


だと思ってたよ・・・。







出来としては・・・


『レベル13』には及ばなかったなあ。



何しろ


主人公が捜査官だし・・・。



もし、『レベル13』が


捜査官を主人公にした作品だったら


オイラ、あそこまで評価してなかったよなあ。



被害者がメインであるからこそ

ネット犯罪の・・・

卑劣さや残酷さが湧き出て来るのさ~!






しかし・・・考えたら


こんな事って、既に行われてるよね・・・。



中東の処刑のシーンとか


事故死する男の・・・その瞬間とか



極め付けは・・・


ネットで、子猫の足を切断をライブ中継した


福岡県在住のキ●●イ男とか・・・。






それにしても・・・


FBIには、ネット専門の捜査官って


ホントにいるんだろうか??



日本には・・・


・・・


・・・


無理だなあ・・・。



「IT」を


「アイティ」じゃなくて


「アイテー」としか発音できないのがボスだもんね・・・。



そのまたボスは


『未曾有』が読めないし・・・。(/_;)/~~




ブラックサイト
¥3,591


総合評価 ☆☆☆

サスペンス度 ☆☆☆

サイバー度 ☆☆★




あ・・・


また、映画と関係ない事ばかり・・・。




みなさんも


危ないサイトへの出入りには、十分注意しましょうね!


アクセスした時点で


こっちのIPアドレスは・・・バレてますから~!!



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。