新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペネロピ

え~・・・


今日も寒かったっすね。



だけど、明日は


もっと寒くなる――!!



明日の伊万里の最低気温・・・


-3℃なんだってさ・・・。




そんじゃ、映画ね・・・。




『ペネロピ』



イギリスの名門ウィルハーン家の長女として生まれたペネロピ。

だが彼女は、古くからの呪いにより・・・耳と鼻が豚のそれだった。

18歳となったペネロピは、

「名家の血を継ぐ者が今の容姿のペネロピを愛すれば、呪いが解ける」

と言う言い伝えを信じる母ジェシカによってお見合いをさせられる。

しかし、次々と現われる求婚者たちも、ペネロピの顔を見た途端、恐怖に駆られて逃げ出してしまう・・・。

そして、門外不出の秘密が、公に曝されそうに・・・。






えっと・・・


コレってさ、


タイトルは知ってたんだけど


内容は全然知らなかったんだよね。



だから・・・


観てて、ビックリしたよお・・・。







内容的には・・・



現代の御伽噺


なんだけど


それだけに終わらず



今風の風刺


を沢山盛り込んでて


なかなか面白かったっす~♪







ただ、一つ惜しいのが・・・


主人公のペネロピが




醜くない事・・・




確かに、豚鼻なんだけどね


それが妙に可愛く見えてしまう・・・。



実際さ・・・


あの程度の上向きの鼻なら実在するでしょうが~!



例えば・・・ケビン・ベーコンとかさ・・・。






だから、


彼女の姿を見て逃げ出す男の心境が



理解出来――ん!!



いや、それは単に


オイラの好みの問題かもしれん・・・。


・・・


・・・


確かに・・・


上を向いた鼻は好きだなあ・・・。




ペネロピ/洋画
¥3,551


総合評価 ☆☆☆☆

ファンタジー度 ☆☆☆

コメディ度 ☆☆☆☆

ブラック度 ☆☆☆☆




ん~・・・この作品は


ファンタジー好きな人よりも


ブラックな笑いが好きな人の方が、相性がいいかもね♪




あ・・・今日は


『ティンカーベル』の記事だと思ったでしょ?


・・・実は・・・


すっかり忘れてて、ここまで書いちゃったのさ・・・。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。