新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
びみょ~に遅れたけど宇宙戦争

 ”宇宙戦争”って、既に色んなブログで賛否両論されてて食傷気味ですが、この映画については一寸思い入れがありますので、書かせてください。


 ストーリーはH・G・ウェルズの原作通りですね。オチまで同じ。このオチを知ってるかどうかでこの映画の評価が分かれているようです。ちなみに僕はジュブナイル版を小3の時に読みました。この話をすると、


 「アンタ、そんな昔からSFヲタだったの?」


と言われます。


はい、そのとおりです。


 前半は100点満点で95点。特にトライポッドがのそ~っと立ち上がるシーンは寒気がするくらいの迫力!

?

 子供の頃の記憶(小説の”3本足のロボット”は一寸トラウマ)が蘇ってきました。


 でも、ティム・ロビンスが出てくるあたりから話の単調さが表に出すぎて、結局あのオチですから困ってしまいます。ちなみに、後半は40点くらいかな?


?SFXに関しては文句なし。だけど、今の時代に”原作通り”はないんじゃないの、スピルバーグ?


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。