新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイムラインって評判悪いよね

 リチャード・ドナーの『タイムライン』をやっと観る気になりました。だって、あまりにも評判が悪かったもので。


 で、観終わった感想は


 この映画は評価が難しい!


 確かにSFしてます。偶然にワームホールが14世紀に繋がった為、人間(他の物質も)一旦原子に分解して転送するあたりは理に適う所ではありますが、戻ってくる理屈が解らん!それに、SF映画を観てるのに、画面は中世のシーンばかり・・・。但し、冒険物として観ているとそこそこ面白かったりする訳です。が、伏線の張り方が、なんとな~く途中でバレちゃってます。



 クライトン原作の映画化作品って、なかなか原作を超えられないものが多い(と思う)ですが(『ジュラシック・パーク』は映像的にはヤられちゃいました)、この映画も合格点はちょっとあげられませんねえ・・・。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。