新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイ・ロボット(ちょっとネタバレ)

 先日、『アイ・ロボット』をDVDで観ました。


 何故今頃?と思われるかもしれませんが、アシモフの原作「私はロボット」は僕にとってベスト10に入る小説なもので・・・その世界が壊されるのが嫌だったからです。


 結果的には、小説とは別モノに仕上がってたので、何も考えずに楽しめました。ま、「ロボット3原則」は絡んでますが・・・。


 ストーリーは、ロボットの殺人事件を捜査する警官が、その裏にある陰謀に巻き込まれる、といったモノで、最初から最後までダレることなく話が進むのは、監督のアレックス・ブロヤスの本領発揮って所でしょうか。ちなみに、この監督の『ダーク・シティ』は大好きな映画です。



 ここから先、ちょっとネタバレがあります。観てない方は読まないでね。



 主人公の警官は、“大のロボット嫌い”なんですが、その理由が、「事故で車が水没した時に、ロボットが少女ではなく自分を助けた」事というのが、何か惹かれてしまいます。というのも、僕には二人の娘がいまして・・・もし同じ状況だったら、僕も同じ様になっただろうって思うからです。多分、自分の子供じゃなくても。


20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
アイ,ロボット 特別編
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。