新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CHE:PART ONE

え~・・・


今日は割りと過ごし易い日でしたね。



このまま


今度の日曜日まで


良い天気が続けばいいんだけどね・・・。





んじゃ、映画ね。



こないだの土曜日に観たのは



『チェ 28歳の革命』


でした。







かつて、本気で世界を


変えようとした男がいた――






えっと・・・


オイラは、共産主義者が嫌いです。



但し


エルネスト・チェ・ゲバラという男を除いては・・・。






彼の場合・・・


「共産主義」という【絵に書いた餅】に憧れた訳じゃなくて


自分の理想とするものに一番近いのが共産主義だった


って事なんじゃないかな。



その証拠に


彼自身は


ソ連に尻尾を振ったことすら無いし・・・。



逆にソ連からは嫌われてたもんな・・・。







で・・・映画ですが



キューバに革命を起こす事を決意した時から


政府軍を倒すまで・・・。



そして


国連での演説


が・・・時系列とバラして映し出されます。




この構成って


ゲバラを知らない人には、



なんのこっちゃ訳解からん状態



だったんじゃないかな・・・。



説明もほとんど無く


ドキュメント・タッチで淡々と展開して行くし・・・





まあ、これは


監督がソダーバーグだから


最初から分かってた事なんだけどさ♪







総合評価 ☆☆☆★






主演のベニチオ・デル・トロは


あんまり似てはないんだけど


醸し出す雰囲気は、そっくりだったなあ・・・。



だけどさ


指名手配の似顔絵が


デル・トロそのものの【腫れぼったい目蓋】だったのには


笑っちまった~~い!ヽ(゚◇゚ )ノ




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。