新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拝啓、M・ナイトシャマラン様

 いやあ、観ちゃいましたよ、『ヴィレッジ』。M・ナイトシャマランらしく、最初から謎、謎、謎の嵐でしたねえ。でも、ホアキン・フェニックスが〇〇されたあたりで、気がついちゃいました。


「もしかして、“語ってはいけない者”って〇〇じゃないの?」

「ひょっとして、この話は、〇〇なんじゃないの?」


で、話が進んで行くと、ひえ~っ!どっちも当たってる!!


 思えば、『シックス・センス』はとても面白かったです。何しろ、先入観なしで観ましたから。ラストでは思いっきり騙されました。『アンブレイカブル』もなかなか良かったです。まさか、列車事故の犯人が〇〇〇〇〇だとは。でも、『サイン』は頂けません。だって「そのまんま」だから。そして今回の『ヴィレッジ』、よ~く考えれば謎は途中で解ります。ナイトシャマラン様、あなたの作品は面白くないことはありません。しかし今回の様に、「謎が解けた時点でつまらなくなってしまう」のだけは、勘弁願いたい。次回作は、謎のベクトルを別の方向に向けてみては如何ですか?


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。