新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイレンが鳴ったなら、外へ出てはいけない!

ども、浮かれポンチで~す。


昨日から、どうも体調が悪くて・・・頭が痛くて、熱っぽい。ひょっとして・・・


恋の病?

ちがーうっ!風邪だ風邪!!


さて、木曜日に『サイレン』を観て来ました。


堤幸彦監督の作品は、当たり外れが禿げしい・・・もとい、激しいと思います(あくまで僕の個人的意見)。


例えば、『ケイゾク/映画』。ドラマ観てなかったので、な~んのことかさっぱりわからん!


例えば、『トリック/劇場版』。ドラマ観てたので、面白かったです。


例えば、『東方見聞録』・・・この話は・・・やめておきましょう。監督のフィルモグラフィーから消えてるかも。


で、『サイレン』ですが・・・前半は、謎・謎・謎(なぞなぞ様 、元気?)で畳み込み、いい展開でした・・・が、オチが解かった時点から・・・緊張感は急降下!あちゃー


「謎」をメインに作ったら、最後まで持ちませんよ、というサンプルのような作品でした。でも、その割には楽しめたかな?ナイトシャマランよりは・・・。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。