新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アサルト13~要塞警察を観たぞ

 いや~、今日は忙しかった~。朝からシケ込んで、13時に子供を幼稚園に迎えに行き、髪を切って(バッサリ!)、レイトショーで『アサルト13』を観てきました。


 大晦日の夜、取り壊し寸前の13分署に、雪で身動きが取れない護送車が囚人を4人運んできます。中には、「ビショップ」と言う大物の姿が。そこへ、何者かが襲撃してきます。敵の狙いは何なのか。13分署内の8人は、脱出出来るのか・・・。


 いや~、こいつは面白かった!


 前にも書きましたが、ジョン・カーペンターの『要塞警察』のリメイクな訳ですから、面白くない訳がない!イーサン・ホークがダメダメな巡査を上手く演じていたし、ローレンス・フィッシュバーンのビショップもハマリ役ですね。あ、それから・・・ジョン・レグイザモ!アンタ今回も○○のかよ~。


 まあ、B級アクション映画としては、「傑作」の部類かと思いま~っす!


 総合評価 ☆☆☆☆

 アクション度 ☆☆☆☆

 えー!ヒロインが途中で×××ちゃうの~!度 ☆☆☆☆☆

 フィッシュバーンの首、太すぎ!度 ☆☆☆☆☆


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。