新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スリムなネタ

 最近、28号のジーンズがブカブカになってきたので・・・ウェストを量ってみました。


 65.5cm



 何--っ!ろくじゅうごーてんごせんちめーとる!!?

 絶対、カミさんより細いぞ・・・(-д-;。


 てなわけで(ごめんね、ネタの使いまわしで)、今日は『痩せゆく男』です。

ジェネオン エンタテインメント
痩せゆく男

 主人公は、有能なデブの弁護士。今日も、マフィアのボスを無罪放免にしてやった・・・。帰りの車のなかで、妻からイイコトしてもらってる時、ジプシーの老女をはねて殺してしまう。しかし、そこは有能弁護士。警察にも顔が利く。まんまと無罪を勝ち取る。そんな彼の前にジプシーの長老が現れ、顔をなでながら呟いた・・・。

 「痩せて行く・・・」


 実はコレ、18年前に原作を読んだんです。著者は、スティーブン・キング。まあ、面白かった事!だから、映画化されるのには抵抗がありました。


 しかし、映画も面白いんだな。原作に、ほぼ忠実に映像化されているし・・・。それに、特殊メイクがすごい!『マシニスト』のクリスチャン・ベールは、本当に痩せたけど・・・メイク(というか、色々小技を使ってます)でここまで出来るものか!と感心します。


総合評価 ☆☆☆☆

ホラー度 ☆☆☆★

原作に忠実度 ☆☆☆☆☆ ちなみに『シャイニング』は ☆

救いのないラスト度 ☆☆☆☆☆



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。