新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はシブいぜ!

 昨日のバトンで気付いた事


? 思い入れのある作品に、ハリウッド映画が無い(『ブラジル』は英国製だが・・・そうなのか?)。

? 『クレしん』は以外と人気が高い!・・・今度記事にしよっとヽ(゚◇゚ )ノ。



 では、本日はシブいのを・・・


『黒い罠』・・・


メキシコ国境の小さな町で起こった車の爆殺事件。偶然にも現場を目撃したメキシコ政府の特別犯罪調査官ヴァルガスは事件の捜査に乗り出すが、アメリカ側の担当者であるクインラン警部はヴァルガスの介入を露骨に拒否。だが上司の命令で、クインランはやむなくヴァルガスと共同捜査を開始する……。


 オーソン・ウェルズが58年に製作した傑作なんだねえ。僕は今まで『市民ケーン』しか観た事なかったけど、コイツもすごいんだねえ・・・。特に、冒頭の「長回し」なんか・・・今では当たり前に使ってる監督もいるけど、この時代だからなあ・・・。観た人びっくりしただろうなあ・・・。


ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
黒い罠

総合評価 ☆☆☆☆

クライム・ムービー度 ☆☆☆★

フィルム・ノワール度 ☆☆☆☆

ジャネット・リーが色っぺ~度 ☆☆☆☆☆


まあ、たまには古~い映画を観るのもエエもんですなo(〃^▽^〃)o。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。