新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コイツは掘り出し物だ!

プロフにも書いてますが・・・僕は、


SFヲタ


でありますヘ(゚∀゚*)ノ。


特に好きなのが、「タイムトラベルもの」です。


そーゆー訳(?)で・・・今日は・・・


『サマー・タイムマシン・ブルース』を観ました。


とある大学のSF研究会。ちょっとしたトラブルで、クーラーのリモコンが壊れてしまう・・・。猛暑に苦しむ部員の前に、何故かタイムマシンが現れる。前日に戻って、リモコンを取ってくる事になるのだが・・・。



ヨーロッパ企画の人気舞台「サマー・タイムマシン・ブルース2003」を、『踊る大走査線』の本広克行が映画化!




キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


なんか・・・日本映画では、久々にやられちまいました(o^-')b。


SFってのは本来、馬鹿話なんです!ありえない事を、ガジェットやギミックのベールで包み込み、いかにあり得る事と思わせるか・・・そこが勝負だと僕は思うんです・・・。


この映画には・・・それがギュウギュウに詰ってる!


タイムパラドックスにしても、作品内で詳しく説明してくれるので・・・SFが苦手な方も十分楽しめます。


まあ・・・理系青春ドタバタSFコメディ・・・って感じかな( ̄▽ ̄)=3。



総合評価 ☆☆☆☆☆

SF度 ☆☆☆☆

ドタバタ度 ☆☆☆☆☆


ぶっちゃけた話・・・ここまで面白いとは思いませんでした。本広監督、申し訳ないっすm(_ _)m。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。