新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォーン・ブース

いや~、暑いっすね!


ウチは・・・クーラーはあるけど、ケチ(カミさんが)だから・・・単なるオブジェと化してます。


だから・・・家の中で、熱中症になりそう~(/_;)/~~。


・・・


あ・・・映画ですね。


『フォーン・ブース』を観ました。


自称一流のパブリシスト、スチュ(コリン・ファレル)は今日もアシスタントを従え、携帯電話からクライアントや業界に口八丁でビジネスをまとめ上げている。そんな彼はアシスタントと別れた後、1台の電話ボックスに立ち寄り、結婚指輪を外してクライアントの新進女優パム(ケイティ・ホームズ)に電話を掛けた。スチュは彼女をモノにしようとしていたが、上手くいかずに受話器を置く。その時、今使っていた公衆電話のベルが鳴り、思わず受話器を取ってしまうスチュ。電話の主は、「電話を切ったら殺す」と脅迫してきたのだった・・・。



まさに・・・


早い・上手い・安いの三拍子ですな。


話によると・・・10日で撮影したそうな・・・スピルバーグもビックリだねΣ(゚д゚;)。


81分と短い時間ながら、話をキチンとまとめてるし、なかなか面白い!


ただ・・・


この作品、「ミステリーの十戒」にちょっと違反してるんだよね~。


どこが?・・・と言われると、ネタバレになるから書けないんだけど・・・


観た人は多分「なんだよ~!」って突っ込むと思うんだなあ~。


20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
フォーン・ブース

総合評価 ☆☆☆☆

サスペンス度 ☆☆☆☆

お手軽度 ☆☆☆☆☆


こういった、金のかからないアイデア勝負の作品って、邦画からもっと出てきてもいいと思うんだけど、なかなか上手くいかないもんだね~( ̄_ ̄ i)。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。