新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デス・トラップ

あ~!!


やる事が多すぎヾ(。`Д´。)ノ!!


・・・


あ・・・すいません、つい切れてました・・・m(_ _ )m。


今日は、古い映画でも・・・。


『デス・トラップ~死の罠』



ブロードウェイの劇作家シドニー(マイケル・ケイン)は、最新作ミステリーで酷評をかい作家としての危機を迎えていた。このまま慰みで書き続けるか、それとも心臓病を抱える金持ちの妻に養ってもらうのか・・・。そんな時、彼の元にの台本が届けられる。昔の教え子クリフォード(クリストファー・リーブ)が初めて書き上げたミステリー。それは素晴らしい出来ばえだった。何よりヒット作が欲しかったシドニーは、ある計画を実行する・・・。



1982年製作のサスペンス・ミステリーの傑作であります。


主な登場人物は4人。

スランプのミステリー作家シドニー、心臓病の妻、作家志望のクリフォード、そして・・・予知能力を持つヘルガ。

監督は、『12人の怒れる男』で有名なシドニー・ルメット。


ここまで書くと、解る方には解ると思いますが・・・舞台の映画化作品ですね・・・。


台詞回しもオーバーな演技も、映画っぽくなくて違和感があります。

でも、それが全てラストシーンに繋がっているんです。


劇中にはいくつもの「どんでん返し」が用意されていて・・・ま、その辺りはご自身で確認して下さい。


ワーナー・ホーム・ビデオ
デストラップ~死の罠~

総合評価 ☆☆☆☆

ミステリー度 ☆☆☆☆

騙されたー!度 ☆☆☆☆


しかし・・・忙しいのに、ブログ更新してていいんだろうか・・・。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。