新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有頂天ホテル

来週の日曜日に、カミさんとの話し合いがあるので・・・


今日は色々と対策を考えておりました。


そもそも、「建設的な話」とはなんぞや?その前に「調停」とはなんぞや?


・・・

仲介人殿に聞くと・・・離婚そのものを考え直す・・・みたいな事を仰る・・・・・・。


それは嫌だなあ~・・・。



・・・とりあえず、その件は置いといて、何とかして元カミさんに養育権を諦めさせる方法を考えないとなあ・・・。


やはり、ローブローでジワジワと体力を消耗させるのがイイかな。




それもだけど・・・子供たちに会いたいな・・・





さて、今日は『THE 有頂天ホテル』を鑑賞しました。



「ホテル・アバンティ」の副支配人である平吉はなんとか今日、大晦日を無事に終えたいと願っていた。しかしなぜだか総支配人は行方知れずになり、ホテルには訳ありの面々が続々と集結する。そして彼の願いも虚しく、トラブルばかりが発生していく。ついでに別れた妻と遭遇してしまう・・・。



『ラヂオの時間』、『みんなのいえ』の三谷幸喜が監督・脚本を努めた、極上エンタメ作品!


まあ、出てくる人物がみんな問題を抱えている訳です。

相棒(生きたアヒル)に逃げられた腹話術師、売れないシンガー、夢を諦めて田舎に帰るベルボーイ、神出鬼没のコールガール、悪徳政治家、自殺志願の演歌歌手・・・。

そんな面々が、微妙に絡み合いながら・・・ラストでは少しだけ幸せになります。


そんな有様を、コメディ・タッチでテンポ良く見せる三谷幸喜の脚本には、ただ脱帽です。


特に・・・あのアヒルの活躍がイイヽ(゚◇゚ )ノ!




でも・・・


あまりにも登場人物が多すぎて、誰に対しても中途半端にしか感情移入が出来ないのも事実・・・。


もう少し人物を整理して、コンパクトにまとめた方が良かったかな~、と思います。


それでも、多少のご都合主義はありますが・・・スッキリ爽やかなラストまでノンストップで魅せる演出は、認めざるを得ないでしょう・・・。


THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション(2枚組)
¥5,670
CAPエンターテイメント

総合評価 ☆☆☆☆

コメディ度 ☆☆☆☆

エンタメ度 ☆☆☆★


そういえば、香取君が劇中で歌った歌・・・

「なんか、甲本ヒロトっぽいな~」

と思ってたら・・・その通りでした。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。