新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これ・・・本年度№1かもしれない

今日は、仕事が早く片付きました


で、博多駅に向かって歩きながら・・・携帯で映画の上映時間を調べてみると・・・


18:20の


『トンマッコルへようこそ』


に間に合うではないか―――!!


ってなわけで、観てきました。



時は朝鮮戦争の時代。トンマッコルという小さな山奥の村に、一人の米軍兵士、二人の韓国軍兵士、三人の人民軍兵士がやってきます。当然、敵対しあう六人ですが、誤って手榴弾で村の作物庫を破壊してしまいます。責任を感じた兵士達は、村のために農作業を手伝う事になります。ある日、猪に襲われた村人を助けるために、兵士達は協力します。それから・・・六人は互いに打ち解けあうのですが、時代はそれを許してくれませんでした。村を守るため、勝ち目の無い戦いに赴く兵士たち・・・。





いや~、感動しちゃいました!


当初は、カン・ヘジョン(↑の女性です。『オールド・ボーイ』にミド役で出てました)目当てで観たんですが、それよりも



イイ話じゃないか~・°・(ノД`)・°・。



あ~、久々に劇場で泣いちゃったよぉ~・・・


それに、


映像が美しい!!




ポップコーンの雪のシーンもいいし、


猪を倒すシーン(ここは、言葉は一切なく・・・スローモーションです)もイイ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:。



で・・・クライマックスの戦闘シーンで、


これは戦争映画なんだ、と思い起こさせてくれます。



確かに、悲しい結末かもしれませんが・・・


敵対しあっていた二人が、笑顔で最期を迎えるんです。


それだけでも、救いがあるんじゃないかな・・・と思うんですが・・・。





あ、忘れるところだった。


久石譲の音楽・・・これは、最高にいいっす


ついでに、本作・・・僕が今年劇場で観た映画の№1になるかもしれない・・・。




公式HPはコチラ!



総合評価 ☆☆☆☆★

ファンタジー度 ☆☆☆☆

現実!度 ☆☆☆☆

もっかい観たい!度 ☆☆☆☆☆



ご~ちゃん様へ


例の、バズーカで戦闘機を落とすシーンですが・・・

相手がプロペラ機ですし、あの高度で正面から向かって来てますので、打ち落とすのは可能です。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。