新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイムトラベルの生みの親が・・・

どうもです・・・。


調子に乗って、映画を立て続けに観たら・・・



金が底をつきそうで~す・°・(ノД`)・°・。


あと10日・・・大人しく過ごそう~っと!



で、今日は古い作品でも。



『タイム・アフター・タイム』



19世紀の終わり、世間が【切り裂きジャック】に怯えていた頃のロンドン。H・G・ウェルズは仲間を集めて、完成した「タイムマシン」を披露します。ところが、仲間の一人が実は【切り裂きジャック】だったんです!ジャックはタイムマシンに乗り込み、1979年へ逃げます。それを追うウェルズ・・・。しかし、この時代でもジャックは殺戮を繰り返します。そして、次の標的は・・・ウェルズがあこがれる女性、エイミー・・・。



なんと、H・G・ウェルズにタイムマシンを発明させちゃう・・・美味しい作品です。



知らない方の為に、解説を・・・。


H・G・ウェルズ。ハーバート・ジョージ・ウェルズ。

SFの父であります。代表作は


『タイム・マシン』

『Dr.モローの島』

『透明人間』

『宇宙戦争』等等・・・。


最近の映画では、当たり前の様に出てくる【タイムマシン】。これを、世界で最初に考えたお方であります。


まあ、最近・・・「●●は○○のパクリだ!」って言う人がよくいますけど、それを言うなら

「タイムマシンが出てくる作品は全て、H・G・ウェルズのパクリだ!」

くらいの事は言って欲しいですね~ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ。


映画の話に戻します。



そのH・G・ウェルズにタイムマシンを発明させ、切り裂きジャックまで絡めてしまう・・・。


映画ならではの醍醐味ですね~。


まあ、27年前の作品なので・・・SFX等は見る物はありませんヽ(;´Д`)ノ。


ただ・・・SF本来の馬鹿話がお好きな方・・・オススメですよ~~ん!


タイム・アフター・タイム/マルコム・マクドウェル
¥1,500
Amazon.co.jp

総合評価 ☆☆☆★

SF度 ☆☆☆☆

レート、低すぎ!度 ☆☆☆☆☆


この作品で、ウェルズを演じるのは・・・マルカム・マクダウェル。

知ってる人は知ってる・・・そう、あの


「カリギュラ」


を演じた人ですね~(゜д゜;)。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。