新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もSFです・・・すいません

最近、子供達の事を記事にしていません。


何故って・・・


僕だって、人の親だから~



二ヶ月以上会ってないので、思い出すのも辛いのよ~~・°・(ノД`)・°・。



この気持ちを恨みに変えて、カミさんにぶつけてやりたいとおもいま~すヽ(゚◇゚ )ノ。



では映画・・・



『SF巨大生物の島』


あくまで、『SF巨大生物の島』です!


バート・I・ゴードンの『巨大生物の島』ではありません!


時は南北戦争の時代。南軍の捕虜だった兵士等5人が気球で脱出します。しかし、トラブルで無人島に着陸します。

その島に住んでいたのは、巨大なカニ、巨大な鳥、巨大な蜂・・・。

まさに




巨大生物の宝石箱や~ヾ(@°▽°@)ノ!



このモンスター、あのハリーハウゼンおぢさんのストップ・モーションです。


で、何でそんな巨大な生物がいるか・・・と言うと、

実は、この島には・・・あの


ネモ船長が居たんですね~σ(^_^;)。


ここで解説。


ネモ船長といえば、ジュール・ヴェルヌ原作「海底二万哩」のネモ船長です。

この作品、じつは・・・その続編の「神秘島」を映画化したものだったんです!


解説終わり~。


ネモ船長は、世界から戦争をなくすため、食料不足の解消策として巨大な生物を作ってたんです。


なんだかな~。


そんなの、上手く行く訳ないじゃん!と思ってたら・・・やっぱり駄目でした・・・。


SF巨大生物の島
¥3,420


総合評価 ☆☆☆

アクション度 ☆☆☆

コマ撮り!度 ☆☆☆☆☆



ついでですから、これも


巨大生物の島 TREASURED COLLECTION
¥6,090
Amazon.co.jp

これは、間違いなく・・・サイテー映画です。

観たら、必ず後悔します。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。