新・映画「お馬鹿」一代
お馬鹿映画、サイテー映画のレビューが中心っす。 他にも、犬・猫・子ども・トホホな日常まで、何でもアリ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パプリカ & 皆さん、ごめんなさい・・・

本日は、皆様に報告がございます・・・。



実はワタクシ・・・今月限りで






アメブロを







あ・・・違った!



今の職場を離れることにしました。



まあ・・・ここでは詳しく書けませんが、


色々と・・・プライバシーの侵害的な事があったんですよ。


皆様には、出張の際には宜しく~・・・なんて言ってましたので


大変申し訳ないですm(_ _ )m。



さて、会社に次の仕事先・・・探してもらわないと~(^_^;)。



では、本題に入ります。


今日は、今年初めての劇場鑑賞モノです(やっとかよ・・・)



『パプリカ』


千葉敦子は、精神医療研究所に勤めている。同僚の時田が開発した「DCミニ」という、他人と夢を共有できる機械を使い「パプリカ」という少女姿を変えて、精神的な治療を秘密裏に行っている。ところがある時、DCミニが何者かによって盗まれてしまう。これを悪用すれば人格を破壊することも出来るため、敦子はパプリカとなって夢の世界を彷徨う・・・。





筒井康隆原作の傑作小説を、『千年女優』の今敏監督が映像化!



この作品、9月に『ベネチア映画祭』で上映されて・・・


終了後、15分ものスタンディング・オベーションを受けたことで有名になりましたね~。



所詮はアニメだからな~・・・って、なめてかかってたんですけど・・・


うん・・・確かに


コレは傑作だ!!



筒井氏の原作は、かなりの長編かつ難解なモノでしたけど


映画は、的を絞り込んで・・・単純明快な作りになってます!



「小説を映画化するには、まず不要な部分をカットすることから始める」


ある脚本家の言葉です。


ただし・・・カットする場所を間違えると・・・


『ファイナルファンタジー』みたいな、クソ映画が完成しちゃう訳です( ̄∩ ̄#。



その点、この作品は・・・筒井ワールドを一旦破壊し、再構築することに成功してるんじゃないかな~。


筒井作品を数多く読んでる僕が言うんだから・・・間違いない、と思う・・・(;´Д`)ノ。



それにしても・・・この内容で上映時間90分・・・。


この監督・・・すげ~ヽ(゚◇゚ )ノ!


と思ったら・・・『千年女優』の監督サンだったのね・・・妙に納得。




あ・・・エンディングにかかる音楽も好きだな~・・・。


なんか「アカデミー賞」にノミネートされたんだって・・・凄いな~!





パプリカの公式HPはコチラ!


総合評価 ☆☆☆☆★

SF度 ☆☆☆☆

ファンタジー度 ☆☆☆☆★

筒井康隆度 ☆☆☆★



いや~、今年最初の劇場がアタリで良かったな~(o^-')b。


この調子で、じゃんじゃん映画みるぞ~・・・

・・・って、早く次の仕事を見つけてもらわないと―――!!

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。